ワキガ オロナイン

ワキガにオロナインはNG!

オロナインはワキガには効果がありません。

 

オロナインの効能を見てみると、以下のように記載されています。

 

「すり傷、きり傷、かき傷、さし傷、靴ずれ、創傷面の殺菌・消毒」

 

この中に、「ワキガ」という項目はありません。

そのため、公式にオロナインはワキガに効果ナシ、と宣言していることになります。

 

オロナインは成分面ではワキガに効果があるのでは?

 

オロナインに「ワキガ」という項目がなくとも、成分的に副産物としてニオイに効果があるのではないか、と考える方もいらっしゃるかと思います。まずは成分を見てみましょう。

成分名 効果・効能
クロルヘキシジングルコン酸塩液 消毒・殺菌
ジブカイン塩酸塩 局所麻酔
クロルフェニラミンマレイン酸塩 炎症を抑える
ナファゾリン塩酸塩 腫れを抑える

以上がオロナインの主成分となります。

 

主成分のうち、ジブカイン塩酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ナファゾリン塩酸塩は傷に効果がある部分なので、ワキガとは無関係です。
唯一関係があるとすればクロルヘキシジングルコン酸塩液です。
ワキガはワキにあるアポクリン線から出た汗が、ワキにある細菌によって分解されることによって独特のニオイを出すことによって起こります。

 

つまり、「細菌をクロルヘキシジングルコン酸塩液で殺菌でき、その結果ニオイがなくなる」という考え方が、オロナインがワキガに効く、という説の根拠となっています。

 

ですが、問題点が2つあります。

 

殺菌だけでは不十分

確かにオロナインを塗ると一時的にワキにいる常在菌の殺菌は可能です。しかし、もともとがケガ用の製品なので、殺菌効果は一時的なものです。ワキは湿っていて細菌には過ごしやすい環境。なので短時間ですぐに繁殖を始めるのです。

 

ワキガのそもそもの問題はワキにある「アポクリン線」からの汗です。なので、殺菌だけでなく、制汗の方にも目を向けなければワキガは解決しません。

 

ケガをしていないところに塗るのはNG

しかも、ケガをしていないところに「局所麻酔」「炎症を抑える」「腫れを抑える」効果のある3種の化学薬品を塗ることになります。「毒にも薬にもなる」という言葉がありますが、問題ないところに傷用の成分を塗ることがよいこととは言えません。

 

ワキガにはワキガ専用クリームを使おう

やはり、ワキガを手軽に改善するにはワキガ専門のクリームを使うのが一番。

 

ここでは、効果、コスパ共に優秀なワキガ対策クリームを紹介します。「日本製」で「完全返金保証対応」の商品であれば安心して利用できます。

ワキガ対策クリーム実力ランキング

クリアネオ(圧倒的人気)

クリアネオ
制汗、殺菌のダブル対策でワキガのニオイをシャットアウト!しかもワキガ対策クリームの中ではコスパが最高クラス
・作用に納得できなければ永久全額返金保証。使用後何日経っていても返金保証に対応します。手術に踏み切る前にぜひお試しください。
・無添加&無香料&国産で安心!

使用感 知名度 価格
★★★★★ ★★★★★

4,980円(定期コース)

 

 

 

 

ラポマイン

Lapomine
・カモミラエキス配合で、ニオイケアとワキの黒ずみ対策を両立!さらに抑毛効果も追加されています
・90日間返金保証に対応。ワキガ対策を手軽に試せます
・定期便で大幅割引なので、購入するなら定期便がおすすめ!

使用感 知名度 価格
★★★★★ ★★★★ 5,700円(定期コース)

 

 

 

デオプラスラボ

デオプラスラボ
・殺菌&招集に対応し、ワキガのニオイを除去します
・100日間返金保証のため、安心感はあります
・定期便の価格がやや高いので、まずは1本購入がオススメ!

使用感 知名度 価格
★★★★★ ★★★★

5,351円(定期コースの場合。初回のみ4,611円)

 

 

イチオシはやはり「クリアネオ」

やはり、全体ではクリアネオがおすすめです。なにより永久全額返金保証制度は他にはないサービスで、「効かなかったらどうしよう…」という不安をなくすことができるのはうれしいです。
使用感も良く、塗った瞬間にスッとニオイが気にならなくなる即効性が魅力です。サラっと塗るだけでいいので、朝の忙しい時間帯でも安心して使用できます。

 

 

ワキガオロナインコラム01

ワキガにオロナインを塗っても、ニオイを消すことはできません。
場合によっては、1名の医師だけではなく、他の医師や看護師などにも調べてもらうことにより、入念に行う場合もあります。その医師その医師でにおいにおいての段階はいろんな物指で鑑定されていますが、根本的にはお任せすれば正確に判断してもらえます。だからと言ってオロナインは処方されません。対照的にアポクリン腺は主に毛の根元を包んでいる「毛包」とつながり、毛孔(けあな)から汗がにじみ出ます。
わきの下以外にもあって、鼻、瞼の縁のほかヘソなどにもあり、この汗腺においては体温には無関係で、ストレスなどが原因となり汗が分泌されます。ワキガなどの原因ですが、オロナインを塗ることはないです。皮膚に常在している細菌は、普通の状態だったなら病気の原因となるなどということは皮膚に付いた垢や汗などを分解して、簡単に落ちるようにしているのです。
日々手入れをして細菌を適度に減らしてもいいですが、根絶させようと考えることは適切ではないことを、心にとめておいてください。オロナインは効果がありませんし、根絶しないようにしていきます。持続的にダラダラと汗を分泌できないのがワキガの原因ともなるアポクリン腺のひとつのポイントです。
細胞の一部分が分断されてそこから汗が分泌されるので、1日に1~2回しか汗を出すことができないと推測されています。汗の成分においてもエクリン腺で分泌される汗とは違うと言えます。まず最初に、においの原因ですが、実は「汗」なのです。ワキガもそうですが、オロナインを塗ったくらいではダメなのです。
単にひと口に汗と言えども、汗の出る汗腺と呼ばれる線にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があって、汗腺のそれぞれから別の成分の汗が出されています。ワキガを引き起こすものとなり、オロナインでは治せません。

 

ワキガオロナインコラム01

エクリン腺は体全体に分布しており、主に暑さや体を動かしたときに体温を下げる働きをします。脇の下で鼻をつく特徴的なにおいを放つような症状は、一般には「腋臭症」と呼ばれています。それでは、どのような状況で、どれくらいにおいがしたらワキガと診断が下り治療をしなければならないと判断されるのでしょうか。そしてオロナインが使われることはあるのでしょうか。
においのレベルが低い場合でも患者のみが「ワキガのにおいがとても強い」と感じているケースもあります。オロナインにもニオイがありますが、打ち消されるわけではないです。
医者からしてみたら「ワキガに手術は不要」の判断だったとしても患者さんが手術を望んでいる場合は精神面における治療が必要になってきます。オロナインではなく、メンタルケアを選ぶというわけです。
実際にはワキガのにおいがきつくないので手術などはむしろ勧められないのです。当然オロナインも使われません。
ワキガなどの主要因となるアポクリン線の汗の成分は脂質、たんぱく質のほか糖分、アンモニアなどが含有されており、色は黄色や赤っぽい色をしています。ワキガの主な原因となるのはこのアポクリン腺からの汗です。ケガではないのでオロナインは効果ありません。
けれども、なぜか、分泌後まもない汗にはにおいがありません。この点まではエクリン線の汗と同じです。



http://www.nakunlv.org/http://www.steffkoeppen.com/http://www.zetadanee.com/ http://www.fkihdaoud.com/http://www.aroyasolaw.com/http://www.bibleto.com/ http://www.fantasywallpapers.info/http://www.estanha.com/http://www.espaelinks.net/ http://www.caseroofers.com/http://www.jrsyinfo.com/http://www.bobspaintball.biz/